HSP春季シンポジウム「ミャンマーにおける人間の安全保障-COVID-19の影響と日本の役割-」

 

タイトル: ミャンマーにおける人間の安全保障-COVID-19の影響と日本の役割―

シンポジウムのフライヤー(日本語版、英語版)はこちらからご覧ください。

概要:
ミャンマーの人々の生命を守るための現実的なアプローチや、ミャンマーの民主化を促進し得る方法とは?
暴力、貧困、恐怖、そしてパンデミックという脅威の下にある人々に対して、非政府アクターには何が為し得るのか?
人間の安全保障の観点から、こうした問いを掘り下げていくシンポジウムです。
第一部ではミャンマーNUG(National Unity Government)の外務大臣 ジン・マー・アウン氏による、ミャンマーの状況打破のための戦略等に関する基調講演です。
第二部は非政府アクターを代表した4名の方々によるパネルディスカッションを行います。
 

日時:

 

2021年7月10日(土) 11:00~13:00

 

場所:

 

オンライン(申し込みされた方にリンクをお送りします)

※注意事項: 登録締切日は7月7日㈬です。このシンポジウムには500人まで出席可能ですが、登録締切前でも、定員になった時点で受付を終了することがあります。

参加申し込み:
英語版:
日本語版:

プログラム

     
11:00-11:05 司会:佐藤安信

東京大学大学院総合文化研究科教授

東京大学大学院総合文化研究科付属グローバル地域研究機構

持続的平和研究センター(RCSP)副所長

   

第一部

 
11:05-11:10 開会の言葉 森山工

東京大学大学院総合文化研究科研究科長

11:10-11:30 基調講演 ジン・マー・アウン

国民統一政府 外務大臣

11:30-11:45 質疑応答 キハラハント愛

東京大学大学院総合文化研究科 准教授

東京大学大学院総合文化研究科附属地域研究機構

持続的平和研究センター(RCSP)所長

 第二部

 
パネルディスカッション  司会:佐藤安信
11:50-12:00 根本敬

上智大学総合グローバル学部総合グローバル学科 教授

12:00-12:10 市原麻衣子

一橋大学大学院法学研究科 准教授

カーネギー国際平和基金 客員教授

12:10-12:20 エヴァン・A・ラクスマナ

インドネシア国際戦略問題研究所 主任研究員

12:20-12:30 ローマン・カーヨー

SIPA Partnersプリンシパル、 ISEAS-Yusof Ishak Institute

ミャンマー研究プログラム アソシエイト・ディレクター

12:30-12:50 質疑応答 キハラハント愛
12:50-13:00 閉会の言葉 星埜守之

東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障プログラム」プログラム長

佐藤安信

主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)、

持続的平和研究センター (RCSP)、持続的開発研究センター (IAGS)、

グローバル地域研究機構(IAGS)、東京大学総合文化研究科

共催: グローバル地域研究機構(IAGS)、グローバル・スタディーズ・イニシアティブ(GSI)、

東京大学

後援: 人間の安全保障学会、国際開発学会、国際開発研究者協会(SRID)、アジア国際法学会日本協会、アジア国際法学会
留意点
  1. このシンポジウム開催につきまして、政治的な背景や意図は一切ございません。
  2. 当シンポジウムは東京大学持続的平和研究センターと東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムのとの共催です。東京大学自体が大学の公式イベントとして開催に携わったものではないことをご了承ください。
  3. 大学やアカデミアの最も基本的な義務である、多様性や異なる意見の尊重を可能にする良好な研究環境を維持するため、報道関係者の方々には、いかなる政治的党派心をも扇動するような言動は慎んでいただきたく存じます。

シンポジウムのフライヤーはこちらからご覧ください。

2021/6/26