スタッフ

学術研究支援員

新津 久美子

横浜市出身。慶應義塾大学法学部政治学科、英国エセックス大学大学院法学部国際人権法コース(法学修士,LL.M)、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻「人間の安全保障プログラム」修了(修士,MA),。 国会議員秘書(人権問題担当)、赤十字国際委員会駐日事務所での勤務を経て、東京大学難民移民ドキュメンテーションセンターにて調査に従事(2011年1月-2013年12月,2016年7月-)。法務省難民審査参与員(2009年12月-)、公益社団法人アムネスティインターナショナル日本理事(2011年3月-2014年3月)副理事長(2013年3月-2014年3月)、東京女学館大学国際教養学部講師(2003年4月-2008年3月)、明治学院大学法学部講師(2012年4月-2014年3月)、慶應義塾大学法科大学院講師(2013年4月-2014年3月)なども務める。
国際人権法学会、アジア国際法学会、移民政策学会、日本犯罪社会学会、国際法学会、世界法学会会員。特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラム監事(2015年4月-)。
主な興味関心は,拷問防止,収容施設や閉鎖空間における外部第三者機関の視察,拷問禁止条約選択議定書の持つ可能性について,欧州人権裁判所など。