スタッフ

(2017年1月より)持続的平和研究センター副センター長、東京大学大学院准教授

キハラハント 愛

所属
東京大学大学院 総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム 准教授
東京大学大学院 総合文化研究科付 グローバル地域研究機構 持続的平和研究センター 副センター長
国連システム学術評議会 日本連絡事務所次長
日本国際平和構築協会 事務局長
日本国際連合学会 会員
人間の安全保障学会 会員
人間の安全保障フォーラム 会員


東京大学総合文化研究科「人間の安全保障プログラム」付准教授。英エセックス大学より、もと国連人権小委員会委員のFrançoise Hampson教授の指導の下、法学博士号取得。

国際人権法、国連平和活動(特に治安部門)の専門家。主な研究テーマは、国連の内部機構、国連警察、法の統治、アカウンタビリティ、移行期の正義、国際人権法。
ネパール、東チモール、スリランカ、インドネシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス、イギリス、日本など、紛争国を含む各国で勤務。
2016年には国連警察指針政策委員を務める。
2006年から2010年には、国連人権高等弁務官事務所、ネパール事務所 にて勤務し、同事務所では世界初のプロジェクト運営に携わる。移行期の正義プロジェクト のプロジェクトマネージャーを勤め、人権・人道法侵害のマッピング(全体像の記録)を行う。また、治安部門の責任者、研修責任者を勤め、治安部門改革、特に警察・軍隊の教育改革、移行期の正義関連のイニシアチブ、研修企画・実行責任者として様々な試みを実行した。
2006年には、武装警察の人権ハンドブック を武装警察の担当部門と共に執筆し、武装警察の義務教育の一環として取りこむことに成功した。
それ以前の職歴は、国連人権高等弁務官事務所本部にて特別報告間制度の部門 で特別報告者補佐(人権担当官)、東チモール諮問委員会 のディレクター補佐、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のスリランカ事務所 にて難民・避難民のプロテクション担当官、東チモール真実和解委員会 にて広報・アウトリーチ担当官、国連東チモール暫定政府(UNTAET) にて人権委員、国連東チモール支援ミッション(UNAMET)にて選挙管理委員、欧州安全協力機構(OSCE)ボスニア・ヘルツェゴビナ事務所にて選挙管理委員、英エセックス大学人権センター にてリサーチオフィサー、と、様々な機関での勤務経験を持つ。

関連リンク

研究活動・学術論文等

  • Kihara-Hunt, Ai (2017). Holding UNPOL to Account: Individual Criminal Accountability of United Nations Police Personnel. Leiden: Brill.
  • Kihara-Hunt, Ai (2016). Why does the immunity afforded to UN personnel not appropriately reflect the needs of the Organization?: the case of the UN police. United Nations Studies, vol.17.
  • Kihara-Hunt, Ai (2014). UN Peace Operations: from National Security to Human Rights and Human Security. In Saul Takahashi ed. Human Rights, Human Security, and State Security. Westport: Praeger.
  • Armed Police Force (2009). Armed Police Force Human Rights Handbook. Kathmandu: APF Nepal and UN-OHCHR.
  • Hampson, Françoise and Kihara-Hunt, Ai (2007). The Accountability of Personnel Associated with Peacekeeping Operations. In Chiyuki Aoi, Cedric de Coning and Ramesh Thakur eds. Unintended Consequences of Peacekeeping Operations. Tokyo: UNU Press.
  • Kihara-Hunt, Ai (2005). Office of the High Commissioner for Human Rights. Tokyo: Aoyama Gakuin University Human Rights Educational Committee.
  • Kihara-Hunt, Ai and Tsugeyama, Takashi (2004). The Right to Resort to External Self-Determination Outside of the Colonial Context. In Aoyama Journal of International Politics, Economics and Business, vol.64.