スタッフ

(2017年1月より)持続的平和研究センター副センター長、東京大学大学院准教授

キハラハント 愛

所属
東京大学大学院 総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム 准教授
東京大学大学院 総合文化研究科付 グローバル地域研究機構 持続的平和研究センター 副センター長
国連システム学術評議会 日本連絡事務所次長
日本国際平和構築協会 事務局長
日本国際連合学会 会員
人間の安全保障学会 会員
人間の安全保障フォーラム 会員


東京大学総合文化研究科「人間の安全保障プログラム」付准教授。英エセックス大学より、もと国連人権小委員会委員のFrançoise Hampson教授の指導の下、法学博士号取得。

国際人権法、国連平和活動(特に治安部門)の専門家。主な研究テーマは、国連の内部機構、国連警察、法の統治、アカウンタビリティ、移行期の正義、国際人権法。
ネパール、東チモール、スリランカ、インドネシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス、イギリス、日本など、紛争国を含む各国で勤務。
2016年には国連警察指針政策委員を務める。
2006年から2010年には、国連人権高等弁務官事務所、ネパール事務所 にて勤務し、同事務所では世界初のプロジェクト運営に携わる。移行期の正義プロジェクト のプロジェクトマネージャーを勤め、人権・人道法侵害のマッピング(全体像の記録)を行う。また、治安部門の責任者、研修責任者を勤め、治安部門改革、特に警察・軍隊の教育改革、移行期の正義関連のイニシアチブ、研修企画・実行責任者として様々な試みを実行した。
2006年には、武装警察の人権ハンドブック を武装警察の担当部門と共に執筆し、武装警察の義務教育の一環として取りこむことに成功した。
それ以前の職歴は、国連人権高等弁務官事務所本部にて特別報告間制度の部門 で特別報告者補佐(人権担当官)、東チモール諮問委員会 のディレクター補佐、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のスリランカ事務所 にて難民・避難民のプロテクション担当官、東チモール真実和解委員会 にて広報・アウトリーチ担当官、国連東チモール暫定政府(UNTAET) にて人権委員、国連東チモール支援ミッション(UNAMET)にて選挙管理委員、欧州安全協力機構(OSCE)ボスニア・ヘルツェゴビナ事務所にて選挙管理委員、英エセックス大学人権センター にてリサーチオフィサー、と、様々な機関での勤務経験を持つ。

関連リンク

研究活動・学術論文等

  • Principal Researcher for a project funded by Humanities Center, the University of Tokyo: Joint Research Project on Prevention and Accountability of Sexual Exploitation and Abuse in United Nations Peace Operations. With Dr. Marsha Henry, Interim Director, Centre for Women, Peace and Security, London School of Economics and Political Science. October 2018 - September 2019.
  • Kihara-Hunt, Ai (2019). Discrimination against Women in the Sphere of Marriage and Family Life. In Saul Takahashi ed. Civil and Political Rights in Japan - A Tribute to Sir Nigel Rodley. Routledge.
  • Kihara-Hunt, Ai (2019) An Examination of the Force Used by Kidoutai (Riot Police) and Japan Coast Guard. In Saul Takahashi ed. Civil and Political Rights in Japan - A Tribute to Sir Nigel Rodley. Routledge.
  • Kihara-Hunt, Ai (2018). Addressing Sexual Exploitation and Abuse. The Case of un Police – Recommendations. Journal of International Peacekeeping, vol.21, issue 1-2.
  • Kihara-Hunt, Ai (2018). Analysis of Reasons behind Arming the UN Police. United Nations Studies, vol.19.
  • Kihara-Hunt, Ai (2017). Holding UNPOL to Account: Individual Criminal Accountability of United Nations Police Personnel. Leiden: Brill.
  • Kihara-Hunt, Ai (2016). Why does the immunity afforded to UN personnel not appropriately reflect the needs of the Organization?: the case of the UN police. United Nations Studies, vol.17.
  • Kihara-Hunt, Ai (2014). UN Peace Operations: from National Security to Human Rights and Human Security. In Saul Takahashi ed. Human Rights, Human Security, and State Security. Westport: Praeger.
  • Armed Police Force (2009). Armed Police Force Human Rights Handbook. Kathmandu: APF Nepal and UN-OHCHR.
  • Hampson, Françoise and Kihara-Hunt, Ai (2007). The Accountability of Personnel Associated with Peacekeeping Operations. In Chiyuki Aoi, Cedric de Coning and Ramesh Thakur eds. Unintended Consequences of Peacekeeping Operations. Tokyo: UNU Press.
  • Kihara-Hunt, Ai (2005). Office of the High Commissioner for Human Rights. Tokyo: Aoyama Gakuin University Human Rights Educational Committee.
  • Kihara-Hunt, Ai and Tsugeyama, Takashi (2004). The Right to Resort to External Self-Determination Outside of the Colonial Context. In Aoyama Journal of International Politics, Economics and Business, vol.64.