スタッフ

持続的平和研究センター副センター長/東京大学大学院教授

佐藤 安信

大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムを担当。国際機関で法務専門家として難民保護、平和維持/構築、法整備・司法改革支援に従事。UNHCR法務官(オーストラリア、1991年~92年)。UNTAC人権担当官(カンボジア、1992年~93年)。欧州復興開発銀行(EBRD)弁護士(ロンドン、1995年~97年)。平和構築研究会主催(2002年~現在)。日本弁護士連合会 国際交流委員会 国際司法支援センター、幹事。早稲田大学政治経済学部卒業(政治学士、1982年)。ハーバード大学ロースクール修士(LLM, 1989年)。ロンドン大学大学院博士(PhD in Law, 2000年)。

関連リンク

研究活動・学術論文等

  • Yasunobu Sato. 2018, “Rule of Law for Whom? Human Security Perspectives on the Emerging Asian Market for SDGs: Focused on Cambodian Case Study,” 45 JMCL 1, 27-45. (査読有)
  • Yasunobu Sato. 2017, “Japan’s Approach to Global Democracy Support: Focused on Law and Judicial Reform Assistance,” Michael R. Austin, et al (eds.), U.S.-Japan Approaches to Democracy Promotion, Sasakawa Peace Foundation USA, 37-44.
  • Yasunobu Sato. 2015, “Human Security Approach to Human Rights Due Diligence: Why business needs human security index,” 4 Journal of Human Security Studies 2 Autumn (査読有) 87-108.Yasunobu Sato. 2015 “Nuclear Power and Human Security: Lessons from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant’s Accident,” Patrick Keyzer, et al (eds.),Access to International Justice, Routledge, London and New York, 241-254.
  • 佐藤安信=山本哲史 2014 難民の権利(J. Hathaway 2005 The Rights of Refuges under International Lawの抄訳とその解説書、日本評論社
  • 佐藤安信=墓田桂 2014 第3部 第11章「[問題提起]ビジネスと難民支援『人間の安全保障志向のビジネスの可能性』」墓田桂ほか編著『難民・強制移動研究のフロンティア』現代人文社、365-372頁
  • Yasunobu Sato 2012 “Human Security and Peace-Building Paradigm: A Japanese Experience and Perspective,” in Nishikawa, Jun, et al (eds.) Economic and Policy Lessons from Japan to Developing Countries, Palgrave Macmillan, pp 255-268.
  • Yasunobu Sato, “Human Security and Disaster: Lessons from the Great East Japan Earthquake” in William T. Tow, David Walton and Rikki Kersten (eds) (2013) New Approaches to Human Security in Asia, Ashgate 79-92, Ashgate.
  • 佐藤安信 2011「『人間の安全保障』のための法整備支援:カンボジアの事例再考」『国際開発研究』第20巻2号、p 79-92.
  • 佐藤安信 2010 「ブイ・ムアン事件」渡邊彰悟外編『日本における難民訴訟の発展と現在』現代人文社26-37.