企業における「人間の安全保障」インデックス(CHSI) プロジェクト ――アジアからのESGの「S」及び「ビジネスと人権」の積極的な取組推進に向けて

東京大学持続的平和研究センター(RCSP)及びビジネスと人権ロイヤーズネットワーク(BHR Lawyers)は、RCSPの研究プロジェクトの一環として、企業における「人間の安全保障」インデックス(CHSI:Corporate Human Security Index)プロジェクトを開始しました。

人間一人ひとりに着目し、保護と能力強化を通じて持続可能な個人の自立と社会づくりを促す「人間の安全保障」の視点は、SDGsの「誰一人取り残さない」の理念にもつながっています。このプロジェクトでは、「人間の安全保障」の視点から、企業のESGの「S(社会)」及び「ビジネスと人権」の取組をとらえ直すことの意義を模索していきます。

具体的には、企業が、ステークホルダーとの対話・協働を通じて、社会的な脆弱な立場に置かれた人々の人権に特に配慮し、その能力強化を支援し、社会的インパクトを創出していく方法や事例について検討していきます。また、このような取組が企業のインテグリティ・レジリエンスや企業価値を向上する可能性についても検証していきます。

その上で、このような企業におけるESGの「S」の側面の取組を、投資家、消費者その他のステークホルダーが積極的かつ客観的に評価するための指標として、企業における「人間の安全保障」インデックス(CHSI)の策定を目指します。

本プロジェクトが、日本・アジアの企業・政府において、国際規範に準拠しつつ、主体性・独自性をもって人権の尊重・支援及び社会課題の解決を推進していくことの一助となれば幸いです。CHSIの策定を含むプロジェクトの実施にあたっては、各界の関係者の皆様と皆様と連携しながら進めてまいる予定です。ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

詳細はこちら: https://www.bhrlawyers.org/chsi-index